キャップボルトを購入して製品づくり向上|GoodChoice

スタッフ

場所に合わせた部品

ネジ

六角レンチやキャップボルトなど、工業製品を作り上げる際にはいろんな部品が必要になります。そういった必要な製品を購入したい時にはサイズや質などを考慮に入れてじっくり考えなければなりません。多くのロットで大量生産することを考えているなら、手に入れやすい材質で作らなければなりませんし、一気に短時間で作ることができるようにするなら人が扱っても壊れにくく、成形のしやすいものにする必要があるのです。そのためボルトやキャップボルトはよく考えて選ばなければなりません。ところで製品を形作るためには部品毎に分けて作る必要があります。3Dプリンターならそのままの形で作られてきますが、鉄で作るならそうはいきません。曲面とまっすぐの面を繋げたり大きなパーツをつくるために部品を繋げたりするためにボルトやねじでつなぎ合わせる必要も出てきます。

製品をそのように作り上げるためにキャップボルトが必要になることがあります。キャップボルトと一言でいっても鉄鋼でつくり上げるものからステンレスで作られた極小サイズのものまであります。精密機械だととても小さくなるので、いちいちボルトとナットを組み合わせて作業をするのに十分なスペースがありません。その際にキャップボルトを使うのです。ボルトとナットが一体型になっているので手がうまく入らないような場所に最適な部品です。ちなみに小さなものだけでなく橋脚の鉄骨部分に使われていることもあります。締め付ける時には必要な工具もあるので知っておくと良いでしょう。

締め付け過ぎない

作業スタッフ

キャップボルトといえばナットとボルトが一体型になっているものです。ナットと一体型になっているのでとても使いやすいですが、そもそもなぜナットがボルトを利用するときに必要なのかを知っておくべきです。

View Detail

材質選びで質決まる

ネジ

いろんな製品に使われるキャップボルトなので、製品がどんなものであるかによって使う材質も変わってきます。鉄やステンレスといった標準なもの以外にもセラミックスのような珍しい材質も原料となっています。

View Detail

六角レンチも購入

男性スタッフ

ある工具を購入したのであればそれに見合う関連商品も同時に揃えておくべきです。キャップボルトを購入するならそれを締め付けるためのキャップボルトも購入して作業しやすい環境を整えましょう。

View Detail